剛力彩芽のおかげ? 炎上タレント紗栄子が好感度上昇の謎

公開日: 更新日:

 潮目一変、モデルでタレントの紗栄子(31)の好感度がアップしているらしい。

 2012年にダルビッシュ有と離婚した際は「養育費24億円を要求中」などと報じられ、すっかり“銭ゲバ”扱いに。15年にZOZOTOWNの前沢友作氏と「交際宣言」したことで、さらに加速した。メディアに露出するたびにネットは炎上し、激しくバッシングされ……。

「潮目が変わって、紗栄子に好意的な意見が増えたのは、今年4月に前沢氏と剛力彩芽の交際が発覚してからですね。2人のラブラブアピールが過熱するにつれ、ネット上では『まだ紗栄子の方がマシ』と、上から目線の褒めるコメントが増え、それがいつの間にか称賛ムードに変わりつつあります」(芸能ライターのエリザベス松本氏)

 有名人のSNSを日々チェックし続けているライターの“ブログウォッチャー京子氏”は「もうそろそろ、世間も紗栄子に対して“負け”を認めた方がいいと思います」と、熱くこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  2. 2

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  3. 3

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  4. 4

    桜を見る会弁明 立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか

  5. 5

    首相夫人まで私物化 桜を見る会に“聖心同窓会”アッキー枠

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    来季FA取得の燕・山田哲 球団はメジャー以上に巨人を警戒

  8. 8

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

  9. 9

    政治を私物化した安倍首相殿「もうバイバイ」でどうですか

  10. 10

    目的は生産性向上 教育にも入り込んだ新自由主義の危うさ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る