剛力彩芽のおかげ? 炎上タレント紗栄子が好感度上昇の謎

公開日: 更新日:

 潮目一変、モデルでタレントの紗栄子(31)の好感度がアップしているらしい。

 2012年にダルビッシュ有と離婚した際は「養育費24億円を要求中」などと報じられ、すっかり“銭ゲバ”扱いに。15年にZOZOTOWNの前沢友作氏と「交際宣言」したことで、さらに加速した。メディアに露出するたびにネットは炎上し、激しくバッシングされ……。

「潮目が変わって、紗栄子に好意的な意見が増えたのは、今年4月に前沢氏と剛力彩芽の交際が発覚してからですね。2人のラブラブアピールが過熱するにつれ、ネット上では『まだ紗栄子の方がマシ』と、上から目線の褒めるコメントが増え、それがいつの間にか称賛ムードに変わりつつあります」(芸能ライターのエリザベス松本氏)

 有名人のSNSを日々チェックし続けているライターの“ブログウォッチャー京子氏”は「もうそろそろ、世間も紗栄子に対して“負け”を認めた方がいいと思います」と、熱くこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る