今度は斎藤工が「半分、青い。」イケメン数珠つなぎの狙い

公開日:

 NHK朝ドラ「半分、青い。」も、いよいよ後半戦に突入。第14週「羽ばたきたい!」では、28歳になったヒロインの鈴愛(永野芽郁)が漫画をあきらめ、100円ショップの店員として新たなスタートを切った。

 ということで、4日の放送が鈴愛の恩師、豊川悦司(56)演じる秋風羽織の最後の出演になり、ネット上には早くも“秋風ロス”の声が……。

「今回のトヨエツは儲け役でしたね。変わり者の天才漫画家と思ったら、ナイーブで子供っぽく、それでいてヒロインを深い愛情で包み、温かく見守る存在。その“怪演”ぶりに一時は完全に主役を食っていました。舞台が東京に移って、がぜんドラマが面白くなったのもトヨエツのおかげ。井川遥演じる秘書とともに視聴率アップに間違いなく貢献したのでは」(ドラマウオッチャー)

 秋風ロスで視聴率も下がるかと思われたが、翌日には斎藤工と間宮祥太朗が映画監督とその助手の役どころで登場。これはイケメンで女性視聴者をつなぎ留めようという魂胆か。

 佐藤健、中村倫也、豊川悦司、斎藤工、間宮祥太朗と続くイケメン数珠つなぎ。

 果たして、NHKの思惑どおりになるかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る