今度は斎藤工が「半分、青い。」イケメン数珠つなぎの狙い

公開日:

 NHK朝ドラ「半分、青い。」も、いよいよ後半戦に突入。第14週「羽ばたきたい!」では、28歳になったヒロインの鈴愛(永野芽郁)が漫画をあきらめ、100円ショップの店員として新たなスタートを切った。

 ということで、4日の放送が鈴愛の恩師、豊川悦司(56)演じる秋風羽織の最後の出演になり、ネット上には早くも“秋風ロス”の声が……。

「今回のトヨエツは儲け役でしたね。変わり者の天才漫画家と思ったら、ナイーブで子供っぽく、それでいてヒロインを深い愛情で包み、温かく見守る存在。その“怪演”ぶりに一時は完全に主役を食っていました。舞台が東京に移って、がぜんドラマが面白くなったのもトヨエツのおかげ。井川遥演じる秘書とともに視聴率アップに間違いなく貢献したのでは」(ドラマウオッチャー)

 秋風ロスで視聴率も下がるかと思われたが、翌日には斎藤工と間宮祥太朗が映画監督とその助手の役どころで登場。これはイケメンで女性視聴者をつなぎ留めようという魂胆か。

 佐藤健、中村倫也、豊川悦司、斎藤工、間宮祥太朗と続くイケメン数珠つなぎ。

 果たして、NHKの思惑どおりになるかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る