ネタバレ注意…「半分、青い。」下巻発売で明かされた結末

公開日: 更新日:

 やはり、ヒロインの鈴愛(文庫では「スズメ」)は「発明家」になった。

 脚本家・北川悦吏子氏(56)のオリジナル原作、NHK朝ドラ「半分、青い。」の文庫本の下巻が3日、文春文庫から発売された。鈴愛の将来や律(同「リツ」)との関係など気になる内容を全て網羅し、最終話まで書き下ろしている。

 夫と離婚したスズメは娘と一緒に故郷の岐阜に帰る。実家が経営している「つくし食堂」の2号店「センキチカフェ」をオープンさせるが、しばらくして、再び上京する。

 アメリカから東京に戻ったリツ。研究・開発が好きなリツだが、帰国後は畑違いの仕事を任せられ、開閉できないオフィスの窓の風通しの悪さなどに息苦しさを覚え転職を考える。

 そんな折に、スズメと再会するが、母のハルががんであると告げられる。スズメの「おかーちゃん、外の空気に触れられるとええな。そよ風の扇風機とかあったらよくない?」というひと言がキッカケとなり、リツと一緒に“魔法の扇風機”を完成させるために「スパロウ(スズメ)リズム(リツ)」という会社を立ち上げる。自然の風のように、つかまえたくなるような風が出る扇風機を完成させるのは困難を極めたが、スズメの幾多のアイデアにより、優しい風が吹く「マザー」が完成。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る