• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北海道地震発生から1日 NHKの報道時間は22時間も民放は…

 災害が多いからか、最近のニュースに“視聴者映像”が増えている。縦長だったりの、一般のスマホで撮影した動画だ。あれは主に局がスマホアプリをリリースし、投稿を募った動画だ。「スクープBOX」「みんながカメラマン」「ビデオPost」と各局が名前をつけて投稿を募集。それがニュースの冒頭で流れたりする。

 スタッフがツイッターで水害、地震などと検索し、使える投稿動画を探す場合もあるという。タダ同然で使えるし、現場に行かなくていいからおいしいシステムだ。「怠慢だ、自分たちで取材しろ!」と言いたくなる。ニュース以外でも一般のおもしろ動画を垂れ流すだけのバラエティーが横行、テレビは素材づくりを怠っている。災害が増えればテレビは投稿動画を多用するだろうが、無理して撮影しようと危険な目に遭う視聴者が出たらどうするのか(自己責任と押しつけるのか)。

 自分で足を運ばない報道、視聴者の投稿動画を流す時間……そんなことでいいのか。  

  (作家・松野大介)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る