千葉で地震頻発 「首都直下」いつ起きてもおかしくない?

公開日: 更新日:

 首都圏を大地震が襲う日が来るのでは――。7日夜、千葉県東方沖で発生した震度5弱(M6.0)の地震。気象庁は今後1週間ほど、同規模の地震が起きる可能性があるとして、注意を呼びかけている。

 千葉では、先月初めから東方沖を震源とする地震が10回以上も頻発。先月26日にも震度4の揺れがあったばかりだ。日本列島を横断するプレートの境目がゆっくりとずれ動く「スロースリップ」と呼ばれる現象が原因とみられている。日本気象協会によると、千葉県北西部でも、先月下旬に震度4以上の地震が2回発生していた。やはり首都直下地震と関係があるのか。武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏(地震学)がこう言う。

「先月から頻発しているスロースリップによる地震は、フィリピン海プレートが原因。しかし、7日の地震は、震源が66キロと深く、太平洋プレート内部で発生したとみられています。恐ろしいのは、先月から頻発している地震とは、原因の異なる地震が発生したことです。首都直下地震の前触れなのか、引き金となるのかは分かりませんが、千葉県の周辺が活発になっていることは確かでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

  10. 10

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

もっと見る