• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首都圏が世界一危険…巨大地震リスクが高いこれだけの論拠

 今月上旬、神奈川・相模川で、過去最高のアユの遡上が記録された。関東大震災前にもアユが豊漁だったと記録に残っていることから、「大地震の前兆では?」とネットなどで話題になった。

■東京湾のクジラに警戒

 さらに先週には、浦安沖など東京湾内でクジラが相次いで目撃。2016年の熊本地震(M7.3)や同年のチリ地震(M6.1)の直前にも、無数のクジラが打ち上げられたことから、関心が集まっている。

 これらが巨大地震と直接関係あるかは分からないが、東京を中心とした首都圏が世界一、“巨大地震”発生のリスクを抱えるのは間違いない。

 政府の被害想定を見るだけでも、危険性は山ほどある。まず、「首都直下地震」では東京湾北部地震(M7.3)と多摩直下地震(M7.3)。海底を震源に起こる「海溝型地震」では、元禄型関東地震(M7.4)、南海トラフ(M8~9)、相模トラフ(M8)、三陸沖~房総沖(M8)、茨城沖(M7)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

もっと見る