首都圏が世界一危険…巨大地震リスクが高いこれだけの論拠

公開日:  更新日:

 今月上旬、神奈川・相模川で、過去最高のアユの遡上が記録された。関東大震災前にもアユが豊漁だったと記録に残っていることから、「大地震の前兆では?」とネットなどで話題になった。

■東京湾のクジラに警戒

 さらに先週には、浦安沖など東京湾内でクジラが相次いで目撃。2016年の熊本地震(M7.3)や同年のチリ地震(M6.1)の直前にも、無数のクジラが打ち上げられたことから、関心が集まっている。

 これらが巨大地震と直接関係あるかは分からないが、東京を中心とした首都圏が世界一、“巨大地震”発生のリスクを抱えるのは間違いない。

 政府の被害想定を見るだけでも、危険性は山ほどある。まず、「首都直下地震」では東京湾北部地震(M7.3)と多摩直下地震(M7.3)。海底を震源に起こる「海溝型地震」では、元禄型関東地震(M7.4)、南海トラフ(M8~9)、相模トラフ(M8)、三陸沖~房総沖(M8)、茨城沖(M7)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る