• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首都圏が世界一危険…巨大地震リスクが高いこれだけの論拠

 今月上旬、神奈川・相模川で、過去最高のアユの遡上が記録された。関東大震災前にもアユが豊漁だったと記録に残っていることから、「大地震の前兆では?」とネットなどで話題になった。

■東京湾のクジラに警戒

 さらに先週には、浦安沖など東京湾内でクジラが相次いで目撃。2016年の熊本地震(M7.3)や同年のチリ地震(M6.1)の直前にも、無数のクジラが打ち上げられたことから、関心が集まっている。

 これらが巨大地震と直接関係あるかは分からないが、東京を中心とした首都圏が世界一、“巨大地震”発生のリスクを抱えるのは間違いない。

 政府の被害想定を見るだけでも、危険性は山ほどある。まず、「首都直下地震」では東京湾北部地震(M7.3)と多摩直下地震(M7.3)。海底を震源に起こる「海溝型地震」では、元禄型関東地震(M7.4)、南海トラフ(M8~9)、相模トラフ(M8)、三陸沖~房総沖(M8)、茨城沖(M7)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

もっと見る