高橋裕也は更生できるのか 薬物依存治療の第一人者に聞く

公開日:

 高校在学中だった18歳の時の逮捕から20年。今月10日に覚醒剤取締法違反で4度目の逮捕となった、女優三田佳子(76)の次男・高橋祐也(38)。改めて薬物を断つことの難しさを世に知らしめたが、薬物依存治療の第一人者である、国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の松本俊彦部長は「4回目の逮捕は医学的立場からすると回復までに必要な過程」なのだという。

 何度も逮捕されることがなぜ必要な過程なのか。

「薬物依存は慢性疾患で、禁煙やダイエットと同じように失敗と寛解を繰り返しながら軌道修正していきます。その過程で再び薬物を乱用したり、7、8回は大失敗を繰り返すことがあります」

 結婚もし、子どもも誕生。薬物とは縁が切れたように見えた時期もあったが。

「ご本人も苦い体験をされ、本当にもう二度と関わりたくないと思ったはず。ところが薬物は“喉元過ぎれば忘れてしまう”ところが難しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る