• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高橋裕也は更生できるのか 薬物依存治療の第一人者に聞く

 高校在学中だった18歳の時の逮捕から20年。今月10日に覚醒剤取締法違反で4度目の逮捕となった、女優三田佳子(76)の次男・高橋祐也(38)。改めて薬物を断つことの難しさを世に知らしめたが、薬物依存治療の第一人者である、国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の松本俊彦部長は「4回目の逮捕は医学的立場からすると回復までに必要な過程」なのだという。

 何度も逮捕されることがなぜ必要な過程なのか。

「薬物依存は慢性疾患で、禁煙やダイエットと同じように失敗と寛解を繰り返しながら軌道修正していきます。その過程で再び薬物を乱用したり、7、8回は大失敗を繰り返すことがあります」

 結婚もし、子どもも誕生。薬物とは縁が切れたように見えた時期もあったが。

「ご本人も苦い体験をされ、本当にもう二度と関わりたくないと思ったはず。ところが薬物は“喉元過ぎれば忘れてしまう”ところが難しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る