高橋裕也は更生できるのか 薬物依存治療の第一人者に聞く

公開日: 更新日:

 高校在学中だった18歳の時の逮捕から20年。今月10日に覚醒剤取締法違反で4度目の逮捕となった、女優三田佳子(76)の次男・高橋祐也(38)。改めて薬物を断つことの難しさを世に知らしめたが、薬物依存治療の第一人者である、国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の松本俊彦部長は「4回目の逮捕は医学的立場からすると回復までに必要な過程」なのだという。

 何度も逮捕されることがなぜ必要な過程なのか。

「薬物依存は慢性疾患で、禁煙やダイエットと同じように失敗と寛解を繰り返しながら軌道修正していきます。その過程で再び薬物を乱用したり、7、8回は大失敗を繰り返すことがあります」

 結婚もし、子どもも誕生。薬物とは縁が切れたように見えた時期もあったが。

「ご本人も苦い体験をされ、本当にもう二度と関わりたくないと思ったはず。ところが薬物は“喉元過ぎれば忘れてしまう”ところが難しい」

 高橋は3回目の逮捕の際は実刑となり、刑務所に服役していたが、薬物依存は治らなかった。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず