次男が覚醒剤で4度目逮捕 三田佳子に生涯絡む過保護のツケ

公開日:

「またか」との声も聞き飽きただろう。女優三田佳子(76)の次男、高橋祐也容疑者(38)の4度目となる覚醒剤逮捕。芸能界と薬物、とりわけ2世芸能人の覚醒剤事件は相変わらず引きも切らない。

 3度目の覚醒剤取締法違反逮捕で実刑が確定した当時、高橋は2009年に仮釈放されると薬物依存リハビリセンターに入所し社会復帰を目指すとしていた。10年には当時26歳の一般女性と結婚、同年秋には長男が誕生している。家族のためにも、覚醒剤にはもう二度と手を出さないと誓ったのではなかったか。

「三田さんの甘やかしがこの期に及んでも悪影響したのではないか」と、1998年の最初の逮捕から高橋を知る芸能関係者はこう言う。

「3度目の逮捕のとき、三田さんは『彼ももう少年ではなく、親として関われる限界がある。心の中では放り出して当然という気持ちもある』とコメントしていた。その通り、もう養育義務もないし、三田さんに親の管理責任を問うのもどうかと周囲も納得しかけたものです。ところがこのとき、月70万円もの小遣いを高橋に渡していたことが明らかになった。高橋が結婚後も資金援助をし、40歳近くなった現在まで、それを続けていたようなのです。そうしたカネが、薬物へと回っていった可能性も否定できない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る