安室引退ライブ後も熱狂…記者が見た沖縄繁華街“祭りの後”

公開日: 更新日:

 3500枚のプラチナチケットは当たらずとも、ライブ会場のある、ぎのわん海浜公園(宜野湾市)には1万人のアムラーたちが集結。翌16日の花火ショーには3万人が訪れた安室奈美恵の地元・沖縄の引退狂騒曲は、実に凄まじいものであった。

 早い段階から飛行機のチケット争奪戦が繰り広げられ、「ホテルや民宿も満室で車中泊するファンも目立った」(沖縄観光協会関係者)というぐらい日本全国津々浦々からファンが押し寄せた。だが、県随一の繁華街・国際通り商店街周辺では「期待していたほど客が来なかった。みんな、宜野湾の方に行ってしまったんだろうねー」(ある沖縄料理店店主)と落胆する声もちらほら。

 たしかに商店街は地元相手というより観光客向けの店ばかり。街路灯には安室のバナーフラッグが掲げられ、土産物店でも〈安室〉や〈奈美恵〉の文字であふれ返っていた割には景気よくバンバンカネを落としているようには見えない。本土から上陸したファンらのお目当ては、展覧会や巨大パネル前での写真撮影。泡盛をあおりながら、ヤギ汁やナーベラーに舌鼓を打ちたいわけではないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る