綾瀬はるか「ぎぼむす」ピンチ…最終回の“敵”は安室奈美恵

公開日:

 綾瀬はるか(33)主演の「義母と娘のブルース」(TBS=火曜夜10時)は、いよいよ18日に最終回。

「視聴率は中盤以降、右肩上がり。前回9話までの平均で13・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、夏の連ドラではダントツでした。9話が17・3%と、最終回の20%超えの期待が局内にあふれています」(テレビ誌記者)

 一方、綾瀬と同じホリプロ所属の石原さとみ(31)が"大御所脚本家"野島伸司氏とタッグを組んで話題を呼んだ「高嶺の花」(日本テレビ=水曜夜10時)は、初回こそ11・1%と"ぎぼむす"と差はなかったが、2話以降は1ケタ台に。最終回(12日)でなんとか11・4%、平均で9・5%に終わった。

「中盤の6話で7%台になってしまった『高嶺の花』ですが、なんとか盛り返したのは、やはり石原の魅力によるもの。それでも同事務所対決で差がついたのは、世間でいわれる"脚本の差"も確かにありますが、"宣伝の差"も大きかったように思います」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る