綾瀬はるか「ぎぼむす」ピンチ…最終回の“敵”は安室奈美恵

公開日:

 綾瀬はるか(33)主演の「義母と娘のブルース」(TBS=火曜夜10時)は、いよいよ18日に最終回。

「視聴率は中盤以降、右肩上がり。前回9話までの平均で13・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、夏の連ドラではダントツでした。9話が17・3%と、最終回の20%超えの期待が局内にあふれています」(テレビ誌記者)

 一方、綾瀬と同じホリプロ所属の石原さとみ(31)が"大御所脚本家"野島伸司氏とタッグを組んで話題を呼んだ「高嶺の花」(日本テレビ=水曜夜10時)は、初回こそ11・1%と"ぎぼむす"と差はなかったが、2話以降は1ケタ台に。最終回(12日)でなんとか11・4%、平均で9・5%に終わった。

「中盤の6話で7%台になってしまった『高嶺の花』ですが、なんとか盛り返したのは、やはり石原の魅力によるもの。それでも同事務所対決で差がついたのは、世間でいわれる"脚本の差"も確かにありますが、"宣伝の差"も大きかったように思います」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る