主役となると疲れの度合いが違う。公演22日間で5回も点滴

公開日:

 花緑には落語家以外にも「役者」の顔がある。これまで数多くの演劇公演に出演してきた。

「好きなんですね。2009年の『江戸の青空』という芝居は落語ネタをごちゃまぜにしたものなので自然に演じられました。公演が終わっても、共演の役者さんとワイワイやってる楽しさが忘れられなくて、落語に戻れないこともありました」

「江戸の青空」を世田谷パブリックシアターで見たが、花緑が楽しそうに演じていたのを覚えている。

「芝居をやって勉強になったのは、ひとつの役を掘り下げて演じることです。落語は1人で何役もやるのでひと役を掘り下げることがない。それを実践したことで、落語でも自然に感情注入ができるようになりました。『紺屋高尾』や『妾馬』のような人情噺を、主人公になりきって照れずに演じられる。時には自然と涙があふれることもある。すると主人公の感情がお客さまに伝わり、感動を呼ぶ。近ごろ、『花緑の人情噺は泣ける』と言ってもらえるようになったのは演劇活動の成果です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る