片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

趣味は温泉と…肝炎患ってから楽屋で熱心にお灸をしていた

公開日: 更新日:

 1980年、新生RCサクセションは、体力の限り走り回りながらシャウトする清志郎のパフォーマンスが爆発的人気を呼ぶ。片岡さんがRCの所属事務所に就職した82年、清志郎は「い・け・な・い ルージュマジック」(坂本龍一とユニットを組んだ資生堂キャンペーンソング)、「SUMMER TOUR」(RCサクセション)とベストテンシングルを連発し、年間100本におよぶ全国ツアー、テレビ出演など過密スケジュールに追いまくられていた。ただ、低迷期だった70年代後半の荒れた生活も清志郎の心身をむしばんだのか、疲労度はピークに達していた。

 アルバム「OK」(83年)のハワイ・レコーディング時に体の異常に気づき、診療を受けた医者から「キミの肝臓は一生治らない」と宣告を受ける。清志郎は東洋医学を実践し、見る見るうちに肝炎を克服。1年後、同じ医者が「奇跡だ」と驚いたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る