片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

趣味は温泉と…肝炎患ってから楽屋で熱心にお灸をしていた

公開日: 更新日:

 1980年、新生RCサクセションは、体力の限り走り回りながらシャウトする清志郎のパフォーマンスが爆発的人気を呼ぶ。片岡さんがRCの所属事務所に就職した82年、清志郎は「い・け・な・い ルージュマジック」(坂本龍一とユニットを組んだ資生堂キャンペーンソング)、「SUMMER TOUR」(RCサクセション)とベストテンシングルを連発し、年間100本におよぶ全国ツアー、テレビ出演など過密スケジュールに追いまくられていた。ただ、低迷期だった70年代後半の荒れた生活も清志郎の心身をむしばんだのか、疲労度はピークに達していた。

 アルバム「OK」(83年)のハワイ・レコーディング時に体の異常に気づき、診療を受けた医者から「キミの肝臓は一生治らない」と宣告を受ける。清志郎は東洋医学を実践し、見る見るうちに肝炎を克服。1年後、同じ医者が「奇跡だ」と驚いたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る