片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

カラオケで「お富さん」を歌うと、ママが「ヘッタやなぁ」

公開日: 更新日:

 80年代のRCサクセション絶頂期、全国ツアーでは1行程が2週間以上に及ぶこともざらだった。RC一行、総勢約25人中、「紅一点」の衣装係、片岡さんは当時をこう語った。

「清志郎さんは、何十年もバンドマンとしてツアーに出ている。ツアーの初日、移動の乗り物で顔を合わせると、うれしそうな表情をしてます。バンドで旅できることが最高なんでしょうね」

 新幹線ホームには清志郎やチャボの格好をそっくり真似たコスプレ姿のファンが待ち構え、下車すると同時に取り囲まれた。

「前へ進むのも危ないくらいでした。まるで祭りのお神輿状態(笑い)。やっとの思いで改札を出てタクシーに乗ると、タクシーを連ねて追いかけてきます。もう、ファンから護送されているようなものです」

 メンバーを追いかけ、全国くまなく回る「追っかけ」も発生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る