吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

大島渚編<後編>「映画とは犯罪」を体現した純粋さと挑戦力

公開日:

 大島渚監督には笑える話がまだまだあるとビートたけしは語る。

「坂本龍一(ヨノイ大尉)を下から拝み上げるように撮るシーンがあってさ。当然、カメラは下から坂本を狙わなきゃダメなんだけど、できるだけ低い位置から撮るために、大島さんは『穴を掘れ!』って指示したんだよ。で、穴を掘ってカメラを埋めたんだけど、穴が小さすぎてカメラマンが入れねェの。
『カメラだけ埋めてどうするんだ、おまえらはホントにバカだ』ってまた大島さんが怒ってさ。で、そばで見ていたオイラがひと言、『坂本を台の上に立たせたほうが早いんじゃないか』って言ったんだよ。そしたら、大島さん、
『ハッ! タケちゃん、君は天才だ!』

 だって(笑い)。

 まだあるぜ。音声さんが『撮影中に雑音が入るんです』って訴えてさ。大島さんが『何~、貴様ら、オレの映画を台無しにする気か! 絶対黙ってろよ!』っていうわけ。で、いざ撮影が始まると、やっぱり『ウ~、グ~、ウ~』って音がするわけだよ。ところが、それって大島さんのうなり声なんだよな。うるせェのは当の監督じゃないかよってね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る