吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

大島渚編<後編>「映画とは犯罪」を体現した純粋さと挑戦力

公開日: 更新日:

 大島渚監督には笑える話がまだまだあるとビートたけしは語る。

「坂本龍一(ヨノイ大尉)を下から拝み上げるように撮るシーンがあってさ。当然、カメラは下から坂本を狙わなきゃダメなんだけど、できるだけ低い位置から撮るために、大島さんは『穴を掘れ!』って指示したんだよ。で、穴を掘ってカメラを埋めたんだけど、穴が小さすぎてカメラマンが入れねェの。
『カメラだけ埋めてどうするんだ、おまえらはホントにバカだ』ってまた大島さんが怒ってさ。で、そばで見ていたオイラがひと言、『坂本を台の上に立たせたほうが早いんじゃないか』って言ったんだよ。そしたら、大島さん、
『ハッ! タケちゃん、君は天才だ!』

 だって(笑い)。

 まだあるぜ。音声さんが『撮影中に雑音が入るんです』って訴えてさ。大島さんが『何~、貴様ら、オレの映画を台無しにする気か! 絶対黙ってろよ!』っていうわけ。で、いざ撮影が始まると、やっぱり『ウ~、グ~、ウ~』って音がするわけだよ。ところが、それって大島さんのうなり声なんだよな。うるせェのは当の監督じゃないかよってね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る