吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

町山智浩<前編>5万人のマリファナ祭りで“ラリー町山”に…

公開日: 更新日:

 かつて、ビートたけしが水道橋博士にこう言った。

「真剣に真面目なことを一生懸命にやるためには、たまにバカなことをやらなければならない」

 けだし深い言葉だが、今やトップクラスの映画評論家・コラムニストで、米国西海岸在住の町山智浩氏を“結果的に”おバカに仕向けたことがある。ニコニコ動画で「トランプVSクリントン」の大統領選挙の選挙結果発表当日の生実況を制作した時のこと。町山さんは、トランプ支持者の集まるNYイーストサイドの危ないバーやカフェに潜入したいと主張した。素肌に黒い革ジャンを着てブーツを履いた、デカくてオッカナイ白人たちがたむろしている中へ突入した。トランプ優勢と聞き、彼らはかなり興奮状態で、かなりの男たちがマリフアナを吸っていた。

 6時間余りに及ぶ生放送で突然、町山さんの舌がもつれ始めた。なんと、町山さんはマリフアナの副流煙で、ろれつが回らなくなっていたのだ。この町山さんの異変にユーザーも気づいたようで、ニコニコ動画の画面に流れる文字コメント(弾幕)にラリったことを文字って、「うわー『ラリー町山』になっちゃった!」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る