吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

赤塚不二夫<前編>「モテるけど…タモリにはかなわない」

公開日: 更新日:

 天才バカボンの物語で、消火後の火災現場にバカボンのパパがやってきて家族がさめざめと泣いている中「君たち、それでトイレも焼けたのか?」。母親が「はい」と答えると、「これが、本当のヤケクソなのだ」と去って行く場面があった。

「喜劇と悲劇は背中合わせ」。最悪な事態を笑いにかえる術は今でも明石家さんまビートたけしがやっているのだが、赤塚先生は当時から漫画でやっていた。少年マガジンの「悪役」五十嵐編集長が出てきて暴れたり、突然ページいっぱいにパパが指をさし読者に話しかけるカットがあったり。面白いながらもシュールな実験がなされ、あたかもゴダールやトリュフォーのフランス映画の「ヌーベルバーグ」漫画版のようでもあった。

 僕が初めて赤塚先生に会ったのは30年ほど前。確か中落合の二階屋だったと思う。先輩のディレクターに連れて行かれたのだが、そこには漫画編集者、映画関係者、芸人の卵、テレビ関係者、構成作家、ライター、その他えたいの知れない人たちが、麻雀、将棋、囲碁、ゲーム等をテンデンバラバラにやっていた。有名になっていた赤塚一家出身のタモリさんと所ジョージさんはすでにいなかった。僕が先輩とカップ酒を飲みながら「人生ゲーム」をやっていると、いつの間にか緑茶ハイを手に持った赤塚先生がゲームを見ている。15分ほど経っただろうか……先生が、「おもしろいね~」としみじみ言う。そのうち去って行くのかと思うとそうでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  3. 3

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    東山紀之 マッチの退所を痛烈批判"すごく薄っぺら”の真意

  9. 9

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る