• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

本橋信宏<前編>「AVの帝王」村西とおる監督を最も知る男

投稿日:  更新日:

 著述家・ノンフィクションライター。ジャンルはアダルトビデオ関連書から政治思想、サブカルチャーに及ぶ。早稲田大学政経学部卒業後、間もなくジャーナリストを目指していたがAV監督・村西とおると運命的な出会いで、ある意味数奇な人生を歩む。当時裏本で大金を手にしていた村西は新英出版を起業し、26歳の本橋は新雑誌の編集長に就任したものの、拡大商法のために倒産、わずか半年で廃刊、村西は逮捕。だが保釈後、AVメーカーの監督に返り咲いた村西に呼ばれ、広報宣伝担当に。村西の下、顔面シャワー、駅弁ファック、横浜国大生・黒木香が絶頂に達するとホラ貝を吹かせるなどの新基軸で栄華を極めた。その後、本橋氏は文筆活動を再開、全学連や不倫する人妻、AV女優へのインタビューなど幅広く執筆。村西のつくったダイヤモンド映像では経営が傾く1991年まで手伝う。村西に一番詳しい人物である。

 2016年に発表した「全裸監督 村西とおる伝」は格段のレベルでそのページ数も尋常ではなく、講談社ノンフィクション賞の候補として最後まで選考に残った。前科7犯、借金50億、米国司法当局から懲役370年を求刑された「AVの帝王」と呼ばれた男の半生を描いたノンフィクションは自らの人生を振り回されてきた本橋氏ならではの筆致だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る