吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

2ちゃんねる開設・ひろゆき<前編>寿司屋にスケボーで参上

公開日:

 匿名掲示板・2ちゃんねるの開設者。型破りの匿名掲示板であったため裁判所から多くの損害賠償請求を受けることになった、ひろゆき氏。一体、彼はどんな人物なのか?

 ドワンゴ出向後、社内の仲間から紹介を受け、興味津々だった。私の担当しているニコニコ動画では「ひろゆき・単独北朝鮮潜入リポート」や「ひろゆき・フランス大統領選リポート」などの他、世界で注目されるフランスの歴史人口学者、エマニュエル・トッド氏と対談をしていただいた。一度食事でもしたいと思い、誘ってみたら、軽く「喜んで」という返事が返ってきた。

 ひろゆき氏は寿司が好きで、こちらから誘った場合は割り勘のケースはない。これが唯一の彼との会食のルールだ。指定の築地の寿司屋には地下鉄とスケートボードで現れた。訴訟まみれとは思えない爽やかな風貌。Tシャツとジーパンが似合う髪がサラサラの好青年。話していると東大生のようなガリ勉的な頭の良さではなく、何事も自身のさまざまな体験と発想で考える“地頭がトンデモなく良い人間”だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る