吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

2ちゃんねる開設・ひろゆき<前編>寿司屋にスケボーで参上

公開日: 更新日:

 匿名掲示板・2ちゃんねるの開設者。型破りの匿名掲示板であったため裁判所から多くの損害賠償請求を受けることになった、ひろゆき氏。一体、彼はどんな人物なのか?

 ドワンゴ出向後、社内の仲間から紹介を受け、興味津々だった。私の担当しているニコニコ動画では「ひろゆき・単独北朝鮮潜入リポート」や「ひろゆき・フランス大統領選リポート」などの他、世界で注目されるフランスの歴史人口学者、エマニュエル・トッド氏と対談をしていただいた。一度食事でもしたいと思い、誘ってみたら、軽く「喜んで」という返事が返ってきた。

 ひろゆき氏は寿司が好きで、こちらから誘った場合は割り勘のケースはない。これが唯一の彼との会食のルールだ。指定の築地の寿司屋には地下鉄とスケートボードで現れた。訴訟まみれとは思えない爽やかな風貌。Tシャツとジーパンが似合う髪がサラサラの好青年。話していると東大生のようなガリ勉的な頭の良さではなく、何事も自身のさまざまな体験と発想で考える“地頭がトンデモなく良い人間”だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る