“クドカンファミリー”でも…のんは古巣事務所に出戻り難航

公開日: 更新日:

 女優ののん(25)が純情産地いわて宣伝本部長として、岩手の新米PRイベントに出席した。

 のんといえば、2年前に独立騒動で前所属事務所・レプロエンタテインメントと対立し、芸名を能年玲奈からのんに改名。ところがこの10月上旬、のんはこれまでの不義理を謝罪するためなのか、レプロを訪れた様子が写真誌「フライデー」に掲載された。

 のんはレプロを飛び出して以来、地上波での仕事はゼロ。そんな八方ふさがりな状況の中、来年1月放映開始の宮藤官九郎が脚本を務めるNHK大河ドラマいだてん」の出演話が浮上。オファーを受ける足固めとして、前事務所に出戻りを画策していたというのだが……。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「レプロ側からすれば、なぜ交渉の日時が漏れたかなど不信感でいっぱい。のん側は目先の『いだてん』出演に焦った揚げ句、すべて裏目に出てしまったといえます。これが水面下で交渉が進み、レプロ側から“出戻り”を発表したのなら、NHK大河へ途中参加もあり得たかもしれません。が、交渉の一部始終が流出したことでレプロの信用を失った。交渉は難航するでしょう」

 “クドカンファミリー”の一員であることを盾に起死回生をもくろんだが、オトナの世界は甘くないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  4. 4

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

もっと見る