のん“白旗”…女優オファーなく前所属事務所にお詫びの事情

公開日: 更新日:

 2013年のNHK朝ドラ「あまちゃん」で国民的人気となった能年玲奈改め、のん(25)が、独立をめぐって揉めた前所属事務所をこのほど訪れ“おわび”。再びのマネジメントを依頼したというので話題だ。

 のんは2015年1月に個人事務所を設立。所属事務所レプロとの対立が明るみになった。その後、事実上の独立を果たし、16年7月に芸名を本名でもある「能年玲奈」から「のん」に改めて活動してきた。歌手にCMに声優と、その後の仕事は順調にも見えたが、やはり古巣である大手事務所との独立トラブルはいまだに尾を引いているのだろうか。のんには、来年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」への出演話があり、これを円滑に進めるためにも、和解しておく必要があったとの説も一部で報じられている。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「どこの芸能プロであれ、元所属タレントを起用しないよう、たとえばNHKの制作に働きかけるようなことは一切ないと思います。ただ、大河ドラマのキャスティングに名前が挙がっているとして、それを進めていくと、他の大手プロがいろいろ気を使って、やりにくいという面はあるかも。今回もそうだとすれば、もうある程度は時間も経ったことだし、『そろそろ話をつけたらどうですか』と周りが水を向けたとしてもうなずけそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る