のん“白旗”…女優オファーなく前所属事務所にお詫びの事情

公開日: 更新日:

 2013年のNHK朝ドラ「あまちゃん」で国民的人気となった能年玲奈改め、のん(25)が、独立をめぐって揉めた前所属事務所をこのほど訪れ“おわび”。再びのマネジメントを依頼したというので話題だ。

 のんは2015年1月に個人事務所を設立。所属事務所レプロとの対立が明るみになった。その後、事実上の独立を果たし、16年7月に芸名を本名でもある「能年玲奈」から「のん」に改めて活動してきた。歌手にCMに声優と、その後の仕事は順調にも見えたが、やはり古巣である大手事務所との独立トラブルはいまだに尾を引いているのだろうか。のんには、来年のNHK大河ドラマいだてん~東京オリムピック噺~」への出演話があり、これを円滑に進めるためにも、和解しておく必要があったとの説も一部で報じられている。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「どこの芸能プロであれ、元所属タレントを起用しないよう、たとえばNHKの制作に働きかけるようなことは一切ないと思います。ただ、大河ドラマのキャスティングに名前が挙がっているとして、それを進めていくと、他の大手プロがいろいろ気を使って、やりにくいという面はあるかも。今回もそうだとすれば、もうある程度は時間も経ったことだし、『そろそろ話をつけたらどうですか』と周りが水を向けたとしてもうなずけそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る