井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

アムステルダム観光客抑制に大賛成 東京も倣ったらどうだ

公開日: 更新日:

 去年、八王子市ほどの広さのアムステルダムは観光客が年間800万人を超え、東京の観光客密度どころじゃないとか。そこへもってきて、遊覧船で運河を巡りながら「大麻を吸うツアー」もあり、「飾り窓」で有名な合法売春街もあり、帰ってこない酔っぱらいたちには天国みたいなものだから、世界中からバカ騒ぎしたいやつらが押し寄せるとか。朝まで酒を飲み散らかし、路上で寝たり、家を壊したり、近所の住民は大迷惑で眠れやしないのだ。おまけに世界ブームのマナーの悪い中国人観光客で人口密度も膨れるばかりだと。
だから、市は住民の暮らしを守るために策を練っている。ホテル新設も新規の出店も禁止、民泊ビジネスも制限し、空港の拡張計画さえ見直し始めた。当然のことだろ。都心の住民には観光客は逆に迷惑で死活問題なのだ。郊外に引っ越した人もいる。アンネ・フランクも自分の家が観光客でごった返すとは思ってもいなかっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る