元新体操・畠山愛理 写真集出版も「最初で最後」のワケは

公開日:

 リオデジャネイロ五輪で美しすぎる新体操選手と注目を浴びた畠山愛理(24)が5日、初の写真集「CONFESSION」を出版。いまやキャスターとしても人気だが畠山は「写真集は最初で最後」とキッパリ。その理由を聞いてみると……。

 ◇ ◇ ◇ 

 新体操日本代表・フェアリージャパンだった畠山はリオ五輪後、キャスターに転身した。

「スポーツに関わる仕事をしたいと思って、初めてスポーツ番組でリポートしたら、緊張してできなくて。できないからこそやりたいなと。さまざまな競技の楽しさに触れるのも楽しいです」

 撮影では今までにないリラックスを味わったという。

「競技の時は、選曲に合わせて、この主人公ならこんな表情をするだろうとか“演技”していたので、自分の感情をそのまま表情に表すというのは新たな体験でした。実は私、ネガティブ思考で試合の前もすごく不安だったんです。そんな自分をカメラの前で出してもいいんだっていうのがとても楽しかったです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る