元新体操・畠山愛理 写真集出版も「最初で最後」のワケは

公開日: 更新日:

 リオデジャネイロ五輪で美しすぎる新体操選手と注目を浴びた畠山愛理(24)が5日、初の写真集「CONFESSION」を出版。いまやキャスターとしても人気だが畠山は「写真集は最初で最後」とキッパリ。その理由を聞いてみると……。

 ◇ ◇ ◇ 

 新体操日本代表・フェアリージャパンだった畠山はリオ五輪後、キャスターに転身した。

「スポーツに関わる仕事をしたいと思って、初めてスポーツ番組でリポートしたら、緊張してできなくて。できないからこそやりたいなと。さまざまな競技の楽しさに触れるのも楽しいです」

 撮影では今までにないリラックスを味わったという。

「競技の時は、選曲に合わせて、この主人公ならこんな表情をするだろうとか“演技”していたので、自分の感情をそのまま表情に表すというのは新たな体験でした。実は私、ネガティブ思考で試合の前もすごく不安だったんです。そんな自分をカメラの前で出してもいいんだっていうのがとても楽しかったです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る