織田裕二「SUITS」視聴率回復作戦で2ケタを維持できるか 

公開日: 更新日:

「ずるずると数字を落としていたのが第5話で上がるというのは、珍しいケースですね」(在京キー局関係者)

 織田裕二(50)主演のドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ=月曜夜9時)が、第5話(5日放送)で11・8%を記録。初回の14・2%から徐々に視聴率を下げ、第4話でついに8・9%と1ケタになってからの"復活劇"で、注目を集めている(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 それには、もちろん理由がある。

「第4話の1ケタがショックだったのでしょう。フジテレビは全力で視聴率回復作戦に出ました。"力技"の成果で、意義は大きい」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏はこう解説する。

「まず、第5話の放送前日の4日の午後4時から予定していた単発バラエティーを『SUITS』のダイジェスト特番に差し替えました。さらに、放送当日の生放送番組『バイキング』で、終了間際に織田裕二がVTR出演。夕方の再放送枠は福山雅治主演の『ガリレオ』の予定でしたが、『SUITS』第4話の再放送に差し替えたほか、番宣スポットをひっきりなしに放送していました。まさに、なりふり構わぬ視聴率回復作戦です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る