片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

高尾霊園の墓前に染み入る 二胡の「ブラームスの子守唄」

公開日: 更新日:

 忌野清志郎は東京都下、高尾山の麓にある「高尾霊園・高乗寺」に眠る。2010年に墓が完成し、訪れるファンは絶えない。1980年代のRC時代と、ソロになった清志郎の晩年、スタッフを務めた片岡さんが語る。

「70年代半ば、清志郎さんは高校時代の失恋をモチーフに『お墓』というタイトルの曲を作っています。『ぼくはあの街に 二度と行かないはずさ ぼくの心が死んだところさ そしてお墓が建っているのさ――』。失恋という出来事を『心が死んだ=お墓』と表現した。強い言葉を選んで、繊細な心境を表す。このような歌詞の描き方が、清志郎さんの非凡さです」

 高尾山の広大な霊園の一角、他とは一線を画す個性的なデザインが目を引く清志郎らしい墓だ。

「お墓というよりも、小さなモニュメントのよう。墓石には『忌野清志郎』の直筆文字。玉石が敷かれた隅には腰かけ石があって、ここに座ってボーッと、清志郎さんを思い出したりします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る