片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

優しい大家さんはガンコ婆に 実体験を巧みに詞をアレンジ

公開日:

 数々の名曲を生み出した忌野清志郎の作詞については、興味がつきない。名曲「スローバラード」(1976年1月)がシングルリリースされる前、74年から75年にかけて、RCサクセションは事務所のトラブルに巻き込まれ、仕事を干されていた。

 その後もレコードリリースはすれど鳴かず飛ばず、低迷期は79年ごろまで続いた。まだファンのひとりであった片岡さんは、後に当事者から聞いた話を語る。

「清志郎さんは国立にあったリンコさんの部屋の隣に引っ越していたそうです。古い平屋の一軒家、リンコさんと清志郎さんの部屋のみで、草が生い茂った空き地を挟んで隣家が離れていた。そこでバンド仲間と昼夜おかまいなしに練習をした。夜中にウッドベースと生ピアノでセッションしたり、明け方、エレキギターをアンプに通して大きな音で弾いたりしていたら、当たり前ですけど、その隣人が激怒して市役所にクレームを入れたんですって。大家さんは懇切丁寧なハガキをリンコさんの親御さんに送ったそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る