片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

「いつも応援してくれてありがとう」と素直なメッセージ

公開日: 更新日:

 忌野清志郎が、ギャラをもらって人前で初めてライブをしたのは1967年、新宿の音楽喫茶「フォークビレッジ」だった。ベースのリンコと、2歳先輩の武田清一(のちに「日暮し」のVO&G)の3人で組んだバンド、交通費程度のギャラだったという。

 武田によると、「清志は緊張でガチガチに固まっていた」そうだ。清志郎は得意の漫画の中で、舞い上がって宙に浮いている自分を描いていた。

 その姿を想像できないほど、初期RCサクセションのMCは、ファンを小バカにしたような辛辣な物言いが際立っていたという。RCファンが高じて、80年代にスタッフに就いた片岡さんに聞いた。

「私が初めてRCのライブを見たのは1973年8月12日、横浜公園野外音楽堂のイベントでした。ある夜、偶然聴いた一曲でファンになって半年。この日をどれだけ待ち焦がれていたか。RCは日が陰ったころ登場、清志郎はマッシュルームカットにハチマキを締めて。アコースティック編成だけど、サウンドはガシャガシャとロックのように荒々しかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る