片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

「いつも応援してくれてありがとう」と素直なメッセージ

公開日: 更新日:

 忌野清志郎が、ギャラをもらって人前で初めてライブをしたのは1967年、新宿の音楽喫茶「フォークビレッジ」だった。ベースのリンコと、2歳先輩の武田清一(のちに「日暮し」のVO&G)の3人で組んだバンド、交通費程度のギャラだったという。

 武田によると、「清志は緊張でガチガチに固まっていた」そうだ。清志郎は得意の漫画の中で、舞い上がって宙に浮いている自分を描いていた。

 その姿を想像できないほど、初期RCサクセションのMCは、ファンを小バカにしたような辛辣な物言いが際立っていたという。RCファンが高じて、80年代にスタッフに就いた片岡さんに聞いた。

「私が初めてRCのライブを見たのは1973年8月12日、横浜公園野外音楽堂のイベントでした。ある夜、偶然聴いた一曲でファンになって半年。この日をどれだけ待ち焦がれていたか。RCは日が陰ったころ登場、清志郎はマッシュルームカットにハチマキを締めて。アコースティック編成だけど、サウンドはガシャガシャとロックのように荒々しかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

もっと見る