片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

尊敬するJBを深化させた“マント・ショー”で客席盛り上げる

公開日:

 “ライブの王様”といわれたRCサクセションのステージは、プロフェッショナルに計算された中に、息を抜いた「笑い」の場面も盛り込まれていたという。

 RCの絶頂期と2004年以降、衣装係だった片岡さんは清志郎の「ユーモア」の側面を語る。

「89年のツアー。アンコールの拍手が鳴り続ける真っ最中、突然、清志郎さんは舞台袖にあった会館掃除用のホウキを手にし、汗を拭いていたタオルで頬っかぶり。舞台下手からセンターまで、無言で掃除を始めたのです。どうやら清掃係に扮したつもりで(笑い)」

 清志郎の予期しない奇行にファンは唖然。

「すると、眉間にしわを寄せながらジェスチャーで『掃除の時間だから、アンコールはやらないよ』と客席に手を振った。さっきまで熱いパフォーマンスを繰り広げていたカリスマの輝きは、このヘンなオジさんにはありません。じらした揚げ句、『仕方ない、じゃあやるか』と、メンバーをステージに呼び込むのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る