片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

尊敬するJBを深化させた“マント・ショー”で客席盛り上げる

公開日: 更新日:

 “ライブの王様”といわれたRCサクセションのステージは、プロフェッショナルに計算された中に、息を抜いた「笑い」の場面も盛り込まれていたという。

 RCの絶頂期と2004年以降、衣装係だった片岡さんは清志郎の「ユーモア」の側面を語る。

「89年のツアー。アンコールの拍手が鳴り続ける真っ最中、突然、清志郎さんは舞台袖にあった会館掃除用のホウキを手にし、汗を拭いていたタオルで頬っかぶり。舞台下手からセンターまで、無言で掃除を始めたのです。どうやら清掃係に扮したつもりで(笑い)」

 清志郎の予期しない奇行にファンは唖然。

「すると、眉間にしわを寄せながらジェスチャーで『掃除の時間だから、アンコールはやらないよ』と客席に手を振った。さっきまで熱いパフォーマンスを繰り広げていたカリスマの輝きは、このヘンなオジさんにはありません。じらした揚げ句、『仕方ない、じゃあやるか』と、メンバーをステージに呼び込むのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る