片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

人をコーフンさせる仕事だから自分がコーフンしないとダメ

公開日: 更新日:

 1990年12月25日、3人になってしまったRCサクセション(サポートメンバーは春日博文・厚見玲衣)は、10年連続して行われた日本武道館クリスマスコンサートで幕を引き、無期限活動休止を発表。清志郎とチャボ(仲井戸麗市)はそれぞれが新しく個人事務所を設立、長年息の合った2人もたもとを分かつことになった。

 時は流れて2003年、清志郎は4年ぶりのソロアルバム「KING」をリリースし、全国ツアーを04年2月まで行う。 片岡さんはこのツアーパンフレット編集を依頼され、久しぶりに清志郎にインタビューした。

「長時間にわたって話を聞くのは、今更ながら緊張しました。清志郎さんは変わらずにマイペース。80年代、ステージで落ちてしまうメークや、ツンツンの髪を固めるため、強力な化粧品を使っていたことが話題になった時、『最近は、汗で落ちる姿もなかなかいいものなんだ』と発言。20年という経過を具体的に感じた瞬間でした。ツアータイトルは『WANTED』。『お尋ね者がこの街に来るぞ~と、各地で噂になる。そんな感じがいい』と、タイトル決めの話も清志郎さんらしい。終了後の打ち上げで、『人をコーフンさせる仕事をしてるんだから、自分がコーフンしないとダメだよね』と聞き、普遍的な意味合いをもって私の心に強く残っています。いろいろな取り方があるけれど、自分に手応えがないものは、人も感動しないってことと受け取りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る