大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

3・11から7年…「Fukushima50」製作発表が意味すること

公開日:

 今年の日本映画界10大ニュースのひとつに入ると思う。2011年3月に起こった福島第1原発の事故を描く映画「Fukushima 50」(松竹、KADOKAWA配給)の製作が発表されたことである。待望久しかった。この題材は日本映画界にとって、避けてはならない大きなチャレンジと常々考えていたからである。

 映画は事故後、原発に残って決死の作業に携わった約50人の話を中心にとらえる。原作は、門田隆将のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」だ。監督は「沈まぬ太陽」を手がけた若松節朗。1、2号機原発の当直長を佐藤浩市、よく知られた吉田所長は渡辺謙が演じる。題材の骨格、監督起用、俳優の布陣ともに申し分がない。

 今、日本の邦画大手はスケールの大きな社会派問題作をあまり作らなくなっている。ヒットするかどうか分からないといった興行上の問題もあろう。ただ総じて、あまり厄介な題材には立ち入らないほうがいいという消極的な姿勢が強いような気もするのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る