大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

3・11から7年…「Fukushima50」製作発表が意味すること

公開日: 更新日:

 今年の日本映画界10大ニュースのひとつに入ると思う。2011年3月に起こった福島第1原発の事故を描く映画「Fukushima 50」(松竹、KADOKAWA配給)の製作が発表されたことである。待望久しかった。この題材は日本映画界にとって、避けてはならない大きなチャレンジと常々考えていたからである。

 映画は事故後、原発に残って決死の作業に携わった約50人の話を中心にとらえる。原作は、門田隆将のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」だ。監督は「沈まぬ太陽」を手がけた若松節朗。1、2号機原発の当直長を佐藤浩市、よく知られた吉田所長は渡辺謙が演じる。題材の骨格、監督起用、俳優の布陣ともに申し分がない。

 今、日本の邦画大手はスケールの大きな社会派問題作をあまり作らなくなっている。ヒットするかどうか分からないといった興行上の問題もあろう。ただ総じて、あまり厄介な題材には立ち入らないほうがいいという消極的な姿勢が強いような気もするのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る