大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

「華氏119」期待はずれ? 伸び悩むM・ムーア監督の最新作

公開日: 更新日:

 先の米国中間選挙に合わせて公開されたマイケル・ムーア監督の「華氏119」の興行が伸び悩んでいる。東京のメイン館は健闘だが、最終興収1億円ちょっとあたりか。2003年公開の「ボウリング・フォー・コロンバイン」(4億円)や翌04年の「華氏911」(17億3000万円)と比べても、その差は一目瞭然だ。

 事前の報道番組などでは、ムーア監督自身がインタビューに応じる姿も大きく紹介された。米国の現政権に対する彼の舌鋒(ぜっぽう)は鋭く、映画も当然トランプ批判に満ち満ちた中身のように感じたものだ。実に効果的な露出であったと思う。それなのに、なぜ興行が伸びないのか。

 同作の批判の矛先は、トランプだけに向かわなかった。オバマ前大統領含めた民主党へも批判の刃は飛び交い、環境汚染への警鐘を鳴らすかと思えば、銃犯罪から巻き起こった若い世代の台頭に期待を寄せる。批判と期待が入り交じり、映画は複雑な様相を呈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る