細川展裕
著者のコラム一覧
細川展裕

1958年、愛媛県生まれ。レコード会社の営業マンを経て、同級生の鴻上尚史率いる「第三舞台」の制作に。2000年から「劇団☆新感線」のプロデュースを手掛け、これまでに220万人の集客を実現。現在、新感線☆RS「メタルマクベス」公演中につき、豊洲のIHIステージアラウンド東京に通い、次のキャスティングに向け“夜のロビー活動”中。

その場しのぎ、耳日曜…プロデュース業円滑にする「忍法」

公開日:

 著書に登場する人物だけでも120人。常に人と関わり、人の中にいる細川氏だが、どうやって人を統括しているのだろうか。

「私が制作しているタイプの演劇の集客はキャスティングが8割、あとの2割が宣伝と営業です。よく男女のケンカで『どうして私のことわかってくれないのよー!』って言いますけど、そもそもわからないのが当然で、わかり合えたときに喜ぶべき。実際、舞台を見に行き、もうオジイチャンなので途中ちょっと寝ちゃったりもするんだけど、楽屋で知り合いに挨拶したり、知らない人の“素の様子”を見たりして、キャスティングにつなげていきます。あとは古田新太にどんな人か聞いたりして。1公演で4カ月は同じ釜のメシを食うわけですから、相性のいい楽しい人と一緒に仕事したいし、そのほうが円滑ですから」

 俳優の古田新太はキャスティング面でも信頼できる存在なのだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る