細川展裕
著者のコラム一覧
細川展裕

1958年、愛媛県生まれ。レコード会社の営業マンを経て、同級生の鴻上尚史率いる「第三舞台」の制作に。2000年から「劇団☆新感線」のプロデュースを手掛け、これまでに220万人の集客を実現。現在、新感線☆RS「メタルマクベス」公演中につき、豊洲のIHIステージアラウンド東京に通い、次のキャスティングに向け“夜のロビー活動”中。

劇団「新感線」成功のカギは“スターシステム”の確立だった

公開日:

 演劇界をプロデューサー的視点で見て凄いと思うものを挙げてもらった。

「たとえば、劇団四季は1983年にキャッツを上演して以来、ミュージカルに特化しました。役者でなく“劇団四季のミュージカルを見る”というふうに観客の『目的』を変えた、これは浅利慶太さんの功績でしょう。おかげで彼が亡くなっても存続するビジネスモデルが確立されています。最近の2.5次元と呼ばれる演劇も今までにないファン層を開拓したという実績は何よりです。『あれは演劇じゃない』とケチをつける人もいますが、新規層の開拓しなきゃとクダを巻いてる演劇人にはできないことをやってのけているんですから。新感線も“異端児”扱いされがちでしたけどね」

 細川氏は常に芝居をクールに分析する。

「東京で1000人、大阪で500人の動員は親戚レベル。3000人を超えるとやっと他人が見に来るようになり、5000人を超えると社会的影響を与えるようになる。要は面白ければ集まる、それだけなんです。時々、長年続けて、動員数1000人なんていう劇団員の人から相談されるんだけど、『それって、友達と親戚だけだと思うよ』と、小声で言いたくなるんですけどね……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る