細川展裕
著者のコラム一覧
細川展裕

1958年、愛媛県生まれ。レコード会社の営業マンを経て、同級生の鴻上尚史率いる「第三舞台」の制作に。2000年から「劇団☆新感線」のプロデュースを手掛け、これまでに220万人の集客を実現。現在、新感線☆RS「メタルマクベス」公演中につき、豊洲のIHIステージアラウンド東京に通い、次のキャスティングに向け“夜のロビー活動”中。

エンタメに競合なし 「百恵買ったら聖子買わない」はない

公開日:

 小劇場ブームを牽引した、第三舞台、劇団☆新感線という2劇団にプロデューサーとして関わってきた細川展裕氏(60)が初の自叙伝「演劇プロデューサーという仕事」(小学館)を出版した。現在、新感線の舞台「メタルマクベス」は5カ月に及ぶロングラン公演中。演劇人生35年、同級生の演出家・鴻上尚史氏や新感線のいのうえひでのり氏らとともに歩んできた。食えないものとされていた演劇を「食える演劇」にする技術を直撃した。

 演劇に関わったのは26歳のとき。幼稚園時代からの同級生・鴻上尚史氏に誘われ、レコード会社の営業から第三舞台の制作に入った。

「23歳の時、初めて鴻上の芝居に誘われたのがきっかけでした。感想を聞かれたときに『鴻上らしい』とだけ言いました。今も変わらないんですが、僕はもともと演劇に興味がなかったんです。その頃、演劇が好きで手伝いたい人は山ほどいたと思うけど、サラリーマン経験があって、冷静に制作をやってくれるということで僕を選んだんだと思います。今も仕事として芝居を見るけど、途中で寝ちゃうこともありますよ(笑い)。鴻上とは幼稚園から一緒で、両親の顔も知ってるし、私がカネを持ち逃げしないだろうという信用もありましたしね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る