小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団innerchild主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。フジテレビ系ドラマ「コンフィデンスマンJP」(2018年)の五十嵐役で注目を浴びるもバイト生活継続中。10月期クールでは月9「SUITS/スーツ」(フジ系)に出演、さらなる弾みをつけたいともくろむ44歳。

場内騒然…有名タレント集団の“アポなしUSJ”アリかナシか

公開日:

 今年10月から始まりました当コラム、記念すべき第10回を迎え、まだまだ継続という運びとなっております! おめでとう! ありがとう! 小手伸也です!

 先週の内容から、電車に芸能人が乗っていてもそんなパニックみたいな騒動は起きないふうな印象を持たれた方々から、「それは東京だからです」「地方は違う」といったご意見を多数たまわり、やはり「人」「場所」「心の状態」によるなと思いました。確かに東京の通勤電車は違う目的意識であふれている。

 もう15年ほど前の話ですが、野田秀樹さん演出、NODA・MAP「オイル」という作品に出させていただいた際、大阪公演の休演日にみんなでUSJに行こうという話になったんですね。で、その時のメンツというのが、松たか子さん、藤原竜也さん、小林聡美さん、片桐はいりさん、山口紗弥加ちゃん、北村有起哉くん等々。まぁ華のある面々でして、この集団がアポなしで普通に歩いていたら、それはもう園側も入場者もザワつきますよね(笑い)。突然セキュリティーが組まれ瞬く間に保護されてしまいました。その後は関係者の誘導のもと滞りなくアトラクションを楽しめたわけなんですが、この時ばかりはさすがに僕ひとりではどうにもできませんでしたね(どの立場?)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る