小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団innerchild主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。4月からは日曜劇場「集団左遷!!」(TBS系)、NHK連続テレビ小説「なつぞら」(アニメーション編)にも出演決定! で、さらなる弾みをつけたいともくろむ45歳。

「悩む」という作業 クリエイティブな脳内活動のはずが…

公開日: 更新日:

「SUITS/スーツ」の出演で取材を受ける機会が増え、そのたびに織田裕二さんの印象は? 中島裕翔くんの印象は?と尋ねられるので、2人に対して思い及ぶ機会も増え、最近ついに3人で海に出かけました。もちろん夢です。小手伸也です。

 このお2人とは何かと劇中での絡みも多く、自然と演技についての「お悩み相談」をしたりされたりの間柄になれたのは非常に光栄であり、この話し合いの時間が大好きなんですが、それとは別に、自分が悩むことが好きな理由について、深夜に入浴中、突然脳内に変な回路が形成されたのか、急に「分かって」しまったのです。

 悩むという作業を僕は試行錯誤を繰り返すクリエーティブな脳内活動だと自賛していたつもりだったのだが、悩むという行為を第三者から見れば、何てことはない、その状態は「停滞」であり、要するに「結論の先延ばし」という遅延行為を「僕はいまだに答えを探している」と、なんかちょっといい歌の歌詞のように正当化していたに過ぎない。そう、僕は「結論」、つまり「答えを決める」のが苦手なだけだったのだ、と(嗚呼、思い起こされる数々のグダグダな私生活……)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る