松岡茉優の強靭メンタル JUMP有岡との交際も“芸の肥やし”

公開日:

 カンヌ最高賞パルムドールを受賞した「万引き家族」と初主演映画「勝手にふるえてろ」の演技で、安藤サクラとともにTAMA映画祭の最優秀女優賞を受賞した松岡茉優は今、テレビドラマやCM、バラエティーに引っ張りだこ。最近はジャニーズ事務所所属、Hey!Say!JUMPの有岡大貴との真剣交際をスクープされるなど、“大物感”さえ醸し出している。だが、本格的な民放テレビの連ドラの主演は未経験だ。

 NHK朝ドラ「あまちゃん」に登場するアイドルグループ「GMT47」のリーダー役で注目を浴びてから、ドラマ出演は急増。NHKでは大河ドラマ「真田丸」で主人公の正室役、NHKドラマ10の「水族館ガール」では主演。だが、民放では「コウノドリ」や「ウチの夫は仕事ができない」などヒロイン止まりで、主演はまだだ。

「演技力は若手随一で、MCをさせれば加藤浩次も末恐ろしいと言うほどのトーク力を発揮、声優やナレーションにも定評がある。まさにオールマイティー。しかも、向上心が強く、あらゆる経験を女優業につなげようという貪欲さもある。有岡との交際さえも女優として成長するための肥やしではないか。結婚する気はさらさらないでしょう」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る