感謝と決意を表明…松岡茉優は“第2の樹木希林”になれるか

公開日: 更新日:

「私でいいんですかねえ(笑い)。でも1年間邁進してまいりました」と自虐を交えながら挨拶したのは、女優の松岡茉優(23)。来月25日から開催される「第31回東京国際映画祭」アンバサダーに就任したことを受け、25日のラインアップ発表会見で語った抱負である。

 昨年の第30回では主演映画「勝手にふるえてろ」がコンペティション部門の観客賞に選ばれ、自身も宝石のような輝きを放つ若手キャストとして東京ジェムストーン賞を受賞。1年足らずで映画祭の“顔”を務める凱旋起用となったわけだが、臆する様子もなく「東京出身なので『地元の大好きな映画祭』と言えることもうれしい」と笑顔でPR。終始、人間味を感じさせるトークを展開した。

 映画「万引き家族」(2018年)で共演した故・樹木希林への思いを聞かれると、「樹木さんとの思い出は宝物でたくさんあるんですが、悲しいなという気持ちはなくて」と周囲の意表を突くひと言。続けて、報道陣と映画配給会社に対し、「(この発言は)使わなくてもいいんです」と断りを入れた上で、劇中で樹木演じる老女をみとったことを引き合いに出し、「一度、映画の中でお別れをしています。そこでありがとうをたくさん言えた」と粛々と語り、「樹木さんと同じ時代に生まれ、作品をたくさん見られる時代に生まれて……私が新しい時代につなげる役目として誇りを持っていきたい。もっと勉強して樹木さんのようになりたい」と“第2の樹木希林”を目指す決意表明も飛び出したのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る