「山桜」にみる“運命の出会いまで結婚は繰り返す”の教訓

公開日: 更新日:

2008年 篠原哲雄監督

 藤沢周平の時代小説を映画化。

 北国の小藩に暮らす野江(田中麗奈)は夫に先立たれ、今は磯村という武家に嫁いでいる。この家の義父は貸金を営んで苛烈な取り立てをする上に、重臣の諏訪に取り入って私腹を肥やそうとしていた。ある日、野江は墓参りの際に手塚弥一郎(東山紀之)という武士に山桜の一枝をたおってもらい、「今はお幸せでござろうな」と声をかけられる。実は野江は手塚に縁談を申し込まれながら断った経緯があった。

 そんな中、諏訪の圧政によって農民の苦しみは深刻化し、見かねた手塚は諏訪を暗殺。手塚を侮蔑する夫に意見した野江は離縁され、手塚の母(富司純子)を訪ねるのだった……。

 原作は21ページの短編。野江と手塚が会うのは一場面だけだが、野江は手塚への思慕を募らせる。そこに農民への圧政が加わった構成だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る