相席スタートに聞いた 話題の“ちょうどいいブス”の真意は

公開日: 更新日:

 お笑いコンビの相席スタートが恋愛指南本「恋愛迷路は気づかないと抜けられない」(ワニブックス)を出版、恋愛偏差値の低い男女が見落としているポイントを突いていると話題になっている。“ちょうどいいブス”の第一人者、山崎ケイ(36=写真左)と山添寛(33=右)の実践的恋愛術を聞いた。

 相席スタートは“ちょうどいいブス”というキャッチの生みの親。山崎は、気がついたら美人に見えてくるテクニックの持ち主で“モテテクを論理的に解説”することに定評がある、早大出身の高学歴芸人だ。

山崎「ちょうどいいブス、とは、話しかけやすい、アプローチしやすいってことで、女性にとってポイントが高いという意味です」
山添「理想の家電と思っていただければわかりやすい」

山崎「要らない機能で高いのもなんだし、この機能は要らないなっていうのがあります。だから自分にぴったりこそ、何よりも素晴らしいというわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る