夏菜も困惑? 日テレ“ブスドラマ”急遽タイトル変更の裏側

公開日: 更新日:

 夏菜(29)主演の日本テレビ系ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」(木曜23時59分~)のタイトル変更が発表されたのは、先週21日のこと。「人生が楽しくなる幸せの法則」に改題するというのだが、初回(来年1月10日)放送を3週間後に控えたタイミングで、一体なぜ変えたのか。

 制作局の読売テレビ(大阪市)は「視聴者の方々に、ドラマの内容を理解していただくために、ダイレクトに、より良い、より楽しい積極的な生き方を提案するドラマのコンセプトをあらわした」などと説明しているが、どう見ても、こじつけした感アリアリだ。当初は原作である男女お笑いコンビ「相席スタート」山﨑ケイ(36)のエッセー本にならい、ドラマの題名もそのまま拝借していたが、さる日テレ関係者は「変えざるを得なかった」とこう続ける。

「メディアに発表したコメントは、もちろん建前。一部週刊誌のオンライン記事(12月7日付)が呼び水となり、バッシングがやまず、変更せざるを得ない状況に追い込まれたんです。記事では、ドラマの公式HPに〈モテない美人よりモテるブス!〉といった時代錯誤の女性軽視ともとれる発言が羅列されている、ツイッターは苦言の嵐などと書かれた。11月中旬のドラマ化発表の際、批判の声はほとんどありませんでしたが、夏菜が“ブスのOL”役と発表され、それを受けた内容の記事がトドメとなり、SNSを中心にバッシングが始まったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る