城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

2019年大胆予想は…剛力彩芽がZOZO前澤社長と超玉の輿婚

公開日: 更新日:

 年末年始の芸能マスコミ、特にスポーツ紙の記者やワイドショーのリポーターは、いつにも増して忙しい。記者たちは正月一発目のスクープを出せと要求されるので、これまでの熱愛話などのその後の確認や、まったく新しい話題を探し出す作業に追われる。

 僕らリポーターは大晦日に「紅白歌合戦」の取材の後、ジャニーズのカウントダウンに走り込んで取材するという猛者もいる。僕でさえ、正月2日には舞台の取材、3日はコンサート取材と、およそ“正月気分”とはほど遠い生活になってしまう。

 そんな中で気になるのが、剛力彩芽(26)とZOZO社長の前澤友作さん(43)カップルの今後だ。なにせ、サッカーW杯ロシア大会に自家用ジェットで弾丸観戦に行ったり、社長は月旅行計画に参加したりと、浮世離れした話題のカップルだ。これまで、他にも芸能人との熱愛で騒がれた前澤さんだが、今回はSNSでいろんな発信をしたり、テレビ番組で彼女の話をするようになったりと、以前と違った対応になっているのが気になる。“結婚しない主義”といわれた彼が、今までとは違って、本当に性格的にもピッタリの相手が剛力だとささやかれていて、これまでとは違う関係を築き、こちらをまた驚かせてくれるのではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る