クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

愛を綴る女(2016年、フランス・ベルギー)

公開日: 更新日:

 運命の男性。劇的な出会いを信じる女性は時々いる。1950年代の南仏の田舎に暮らすガブリエルもそんなタイプ。一度、そう思い込むと、周りの迷惑を気にせず突っ走る。その騒動に母は苦労し、娘を精神病院に預けようかとするが、当然拒否される。

 そんなとき、肉体労働者ジョゼが娘に好意を寄せていると知るや、強引に結婚させてしまう。新婚早々、「あんたなんか愛せないから」と絶縁宣言。セックスレスに。

 ところが、夫がカネを払って娼婦とコトに及んでいることを知ると、反動で性欲が抑えられなくなり、娼婦として夫に抱かれる。

 妊娠するも、流産。その際に病気を告げられ、生きる意欲を失って、温泉施設へ。そこで巡り合ったのが若い兵士だ。

 思い込みの激しい女性は正直、迷惑だが、そんな女性を演じるのがセクシー演技派女優のマリオン・コティヤールだからたまらない。惜しげもなく肢体をさらし、激しく絡むシーンはエロい。なんだけど、ボカしがマジで邪魔。イラッとする。せっかくの文芸作品が見ていて興ざめだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る