クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

「ワン・フロム・ザ・ハート」(1982年、米国)

公開日:

 ベタな話ほど意外と味わい深かったりする。倦怠期を迎えたカップルが大ゲンカして、それぞれ別のパートナーを求めるが、最後は元サヤに。そんなベタベタな恋愛劇を撮ったのが、巨匠コッポラなのだ。

 冴えない男を演じるのがピッタリのフレデリック・フォレストは、廃車置き場でサーカスの美女役のナスターシャ・キンスキーと浮気する。女が曲芸を披露すると、山積みの廃車が一斉にクラクションを鳴らすシーンは、疲れ果てた男でも美女を目の前にすると元気になることを暗示するのか。めちゃ笑える。

「ゴッドファーザー」「地獄の黙示録」と立て続けに大作を発表した巨匠は、重圧を発散するかのようにスケベオヤジ的な妄想を随所にちりばめている。全身タイツ姿のナスターシャがカクテルグラスの中で踊る姿は、そんな妄想そのもの。きらびやかな映像とともに、気だるいジャズが男女の心理をいい感じに映し出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る