クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ジュピターズ・ムーン(2017年、ハンガリー、ドイツ)

公開日: 更新日:

 シリア難民の少年アリアンは父と一緒にハンガリーを目指して逃亡。彼らが置かれた現状は、身につまされるような劣悪な状況の連続だ。本当にそんな状況なのか。カンヌで絶賛されたSFドラマは、冒頭から引き込まれる。

 必死に走って国境に近づくが、父とはぐれた上、警備隊の違法銃撃により瀕死の重傷を負う。そのピンチで手に入れた不思議な能力が、空中浮遊だった。フワフワと舞う映像を映画館のスクリーンで見たら、本当に吸い込まれそうになるはず。高所恐怖症の身には正直、ゾッとした。

 特殊能力に気づいた医師は、彼を利用して金儲けを企むが、自分の過失をもみ消したい警備隊の刑事に2人は追いつめられていく。

 刑事からの逃亡劇は、リアルなカーチェイスを絡ませたりしながら、手に汗を握る展開だ。一昔前のハリウッド的なアクション映画に影響を受けたようなスリリングな映像は、CG映像を見慣れたボクにも新鮮で、目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  7. 7

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

もっと見る