クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ジュピターズ・ムーン(2017年、ハンガリー、ドイツ)

公開日: 更新日:

 シリア難民の少年アリアンは父と一緒にハンガリーを目指して逃亡。彼らが置かれた現状は、身につまされるような劣悪な状況の連続だ。本当にそんな状況なのか。カンヌで絶賛されたSFドラマは、冒頭から引き込まれる。

 必死に走って国境に近づくが、父とはぐれた上、警備隊の違法銃撃により瀕死の重傷を負う。そのピンチで手に入れた不思議な能力が、空中浮遊だった。フワフワと舞う映像を映画館のスクリーンで見たら、本当に吸い込まれそうになるはず。高所恐怖症の身には正直、ゾッとした。

 特殊能力に気づいた医師は、彼を利用して金儲けを企むが、自分の過失をもみ消したい警備隊の刑事に2人は追いつめられていく。

 刑事からの逃亡劇は、リアルなカーチェイスを絡ませたりしながら、手に汗を握る展開だ。一昔前のハリウッド的なアクション映画に影響を受けたようなスリリングな映像は、CG映像を見慣れたボクにも新鮮で、目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る