“紅白”魂で次のステージへ…「純烈」4人で涙の再出発会見

公開日: 更新日:

 歌謡グループ「純烈」のメンバー4人による会見が15日、都内で行われた。

 交際女性に対するDVと借金問題で11日に脱退した友井雄亮について、リーダーの酒井一圭(43)は事実を確認した時点で「彼の“熱さ”が純烈に貢献したのは事実。でも紅白の重責を全くわかっていない。僕の中でアイツは死にました。なので会うことはないです」と毅然とした態度を見せた。友井の思い出を聞かれると、結成前から親交のあった白川裕二郎(42)、小田井涼平(47)、後上翔太(32)は涙で言葉を詰まらせる場面もあった。

 4人は24日から行われる前川清の明治座公演から再始動。「ここで失速していくわけにはいかない。今年は苦労元年。4人でも頑張れと言ってくれている皆さんに、紅白のお礼を続けたい」と明言。

「心はボッキリ折れましたが、このピンチをチャンスと捉えて、ピンチから這い上がって紅白に出るまでやめられない」と語った酒井。11年頑張り続けて紅白の切符をつかんだ不屈の魂で、ネクストステージも乗り越えていくようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る