ニッチな紅白初出場組…純烈、刀剣男士、DAOKOって何者?

公開日:

 今年の紅白は何者だか分からないアーティスト揃い。そこでマニアック紅白出場者をレクチャー。

■SMAPの後釜に“スーパー銭湯”アイドル

[純烈] スーパー銭湯を活動のベースにした男性アイドル。元戦隊ヒーロー出身者を中心にした5人組で、爽やかさと、平均年齢38.8歳が醸し出すファンサービスで熟女に人気。「SMAPを支持していた、中年女性の受け皿」(音楽評論家の富澤一誠氏)という声も。

[DAOKO(だをこ。・21)] 中学時代にニコニコ動画にラップを投稿し、「ゆるふわ系ラッパー」として話題に。高校卒業と同時にメジャーデビューし、17年にアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌「打上花火」で若者の支持を得たが、話題が去年だけに、BTS問題で消えた“K―POP枠の穴埋め”という声も。また同曲をプロデュースした米津玄師もニコニコ動画出身で、ネット民にすり寄るNHKの意図が見え隠れ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る