NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

公開日: 更新日:

 NGT48のメンバーである山口真帆への暴行事件が“延焼”し続けている。運営側が謝罪会見を開いても鎮火するどころか、スポンサー企業がCMを中止したり、地元自治体も憂慮。次々と出てくる新証言に芸能マスコミも右往左往している。

 以前からAKB関連のスクープを連発し、アイドルスキャンダル報道の急先鋒となっている週刊文春もこの一件を追っているが、中核を担っているのは敏腕記者Aだという。関係者が語る。

「A記者はもともとコアなアイドルファンで、とにかく昔のファン仲間という横のつながりを駆使して次から次へとネタを持ってくる。とにかくアイドルに絶対的な清廉性を求めるタイプで、アイドルなのに男性関係に乱れがあるのが許せないとか。だから今でもアイドルファンにもかかわらず、スキャンダルを追う記者をやっている。自腹でアルバイトを雇って取材チームを組むなど協調性に欠ける一面もありますが、編集部としてはスキャンダルネタは確実に持ってくるので重宝しているようです」

 地方だけにファンとの距離が近すぎるがゆえの事件。“ヲタ記者”の執念がコトの真相を解明するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る