城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

「嵐」の復活は…大野智の“体型キープ”発言から推測できる

公開日: 更新日:

 嵐がたいへんなことになっている。

 なにしろ、絶頂期の国民的人気アイドルグループが活動休止だというのだから、ファンに与えた衝撃は凄い。社会的、経済的にも大きな影響が出てくる。

 2020年の大晦日で休止だというから、2年近くは残っている。今は全国50公演行われるコンサートツアーの真っ最中だが、この経済効果がデカい。大箱のドーム球場のみというツアー全部で237万5000人を動員、チケット代金(1席9000円)とグッズで1人2万円以上は使うといわれているから、これだけで500億円以上になる。現在発売中のDVDなどは売り切れ続出で、追加されるほか、新たにベスト盤やニューアルバムを出して、今年1年だけで700億円は超えそうだ。

 で、これまでが今年だけの話で、いま予想されているのが、来年のファイナルイベントだ。まだ詳細は発表されていないが、オリンピックイヤーで、彼らがオリンピック絡みで登場するのは確実だし、オリンピックが終わった後も使われる、「新国立競技場」での特別コンサートが行われる可能性も高い。フィールドも客席にするので8万人くらいは入りそうだし、仮に活動休止までの最後のライブとなれば10日連続だって可能だろう。先ほどの計算を当てはめれば、80万人動員で200億円の売り上げが期待できる。CD、DVD、特番、CMと拡大していけば、この2年で1500億円超えは間違いないところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る