城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

「嵐」の復活は…大野智の“体型キープ”発言から推測できる

公開日: 更新日:

 嵐がたいへんなことになっている。

 なにしろ、絶頂期の国民的人気アイドルグループが活動休止だというのだから、ファンに与えた衝撃は凄い。社会的、経済的にも大きな影響が出てくる。

 2020年の大晦日で休止だというから、2年近くは残っている。今は全国50公演行われるコンサートツアーの真っ最中だが、この経済効果がデカい。大箱のドーム球場のみというツアー全部で237万5000人を動員、チケット代金(1席9000円)とグッズで1人2万円以上は使うといわれているから、これだけで500億円以上になる。現在発売中のDVDなどは売り切れ続出で、追加されるほか、新たにベスト盤やニューアルバムを出して、今年1年だけで700億円は超えそうだ。

 で、これまでが今年だけの話で、いま予想されているのが、来年のファイナルイベントだ。まだ詳細は発表されていないが、オリンピックイヤーで、彼らがオリンピック絡みで登場するのは確実だし、オリンピックが終わった後も使われる、「新国立競技場」での特別コンサートが行われる可能性も高い。フィールドも客席にするので8万人くらいは入りそうだし、仮に活動休止までの最後のライブとなれば10日連続だって可能だろう。先ほどの計算を当てはめれば、80万人動員で200億円の売り上げが期待できる。CD、DVD、特番、CMと拡大していけば、この2年で1500億円超えは間違いないところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか