日テレまた蚊帳の外…嵐“特番&最終回”争奪戦でフジに苦杯

公開日: 更新日:

 2020年12月31日をもって活動休止――発表から4日経った現在も、ファンにとってはこのショッキングなニュースは受け入れ難いはず。しかし熱狂的なファン以上に状況を把握できず、大混乱に陥っているのがテレビ局、特に「嵐にしやがれ」を制作する日本テレビだ。

■昨秋には休止問題を知っていたフジテレビ

「嵐のレギュラー番組を抱えているのは日テレとフジテレビの『VS嵐』の2局しかない。番組スタッフが今回の休止情報を知らされたのは数日前。しかも、ジャニーズの公式見解として編成局長がこの情報を知ったのは会見当日のこと。あり得ないことですよ」(日テレ宣伝関係者)

 ところが日テレと違い、片やフジテレビは全てにおいて“特別待遇”だったという。

「昨年秋にはこの休止問題についてスタッフとジャニーズ間で情報を共有し、しかも、『VS嵐』の後番組の構想まで話し合っているんです。しかも、会見は『Mr.サンデー』の放送時間に間に合うように調整されていた。全てがフジファースト。確かに『VS嵐』は制作11年目。でも『嵐にしやがれ』も9年間、頑張ってきた。この仕打ちは一体何なのか……。皆、怒りが喉まで出かかっています」(制作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る