日テレまた蚊帳の外…嵐“特番&最終回”争奪戦でフジに苦杯

公開日: 更新日:

 2020年12月31日をもって活動休止――発表から4日経った現在も、ファンにとってはこのショッキングなニュースは受け入れ難いはず。しかし熱狂的なファン以上に状況を把握できず、大混乱に陥っているのがテレビ局、特に「嵐にしやがれ」を制作する日本テレビだ。

■昨秋には休止問題を知っていたフジテレビ

「嵐のレギュラー番組を抱えているのは日テレとフジテレビの『VS嵐』の2局しかない。番組スタッフが今回の休止情報を知らされたのは数日前。しかも、ジャニーズの公式見解として編成局長がこの情報を知ったのは会見当日のこと。あり得ないことですよ」(日テレ宣伝関係者)

 ところが日テレと違い、片やフジテレビは全てにおいて“特別待遇”だったという。

「昨年秋にはこの休止問題についてスタッフとジャニーズ間で情報を共有し、しかも、『VS嵐』の後番組の構想まで話し合っているんです。しかも、会見は『Mr.サンデー』の放送時間に間に合うように調整されていた。全てがフジファースト。確かに『VS嵐』は制作11年目。でも『嵐にしやがれ』も9年間、頑張ってきた。この仕打ちは一体何なのか……。皆、怒りが喉まで出かかっています」(制作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る