城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

小林幸子を「おもいで酒」から変えた若い世代の意見と戦略

公開日: 更新日:

 先週から今週にかけて芸能界は、市川海老蔵の13代目市川団十郎襲名、NGT48のメンバー暴行事件のゴタゴタ、歌謡グループ「純烈」の友井雄亮のDV・金銭スキャンダル引退と、大きなニュースが続いた。

 そんな中で、僕の中で最も響いたニュースがあった。あの小林幸子(65)が芸能生活55周年を記念してのコンサートツアーをスタートさせたというものだ。55年という長さも凄いが、あの歌声を高いレベルで保ち続けているのも、当然のことながらやはり凄いことだ。スポーツ紙の扱いでは、いろいろなニュースがある中なので仕方ないかもしれないが、せめてあの巨大衣装の写真をガッツリ掲載してほしいと思ったものだ。ま、衣装というよりセットだが……。

 今回のステージでは、消えるイリュージョンなどもあるという。55年の芸歴には苦労も多かっただろうが、よかったなぁと思うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  8. 8

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  9. 9

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

  10. 10

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る